SP-Automationとは?

ROS2 × EatherCAT

「複雑な演算ができる上位システム(ROS2)と、高速な制御ができるローカルシステム(EtherCAT) 」
を融合させた次世代制御システム
高度で卓越したノウハウや技術者がいなくても、容易にロボット開発が可能に

SP-Automationでロボット開発の課題を解決

ロボット開発において、技術的なハードルが高くお困りではありませんか?
例えば・・・

☞ロボット開発する為の「卓越した技術ノウハウ」
☞技術を駆使する「エンジニアの確保」
☞試作・開発の為の「膨大な開発工数」
☞様々なシステムを連携し操作する
「複雑なオペレーション操作」
☞全てにかかってくる「膨大なコスト」

ロボット開発のハードルは非常に高い!!
  • 機構設計
  • 電気設計
  • ネットワーク設計
  • ソフトウェア設計
  • SP-AutomationとKobotのサポートで、技術課題を解決します!

    SP-Automationを採用した場合
    ロボット制御が簡単に!!

    電気設計・ネットワーク設計・ソフトウェア設計の開発工数を大幅に削減します!!

  • メインコントローラ基板とDCサーボモータドライバ基板はKobotが用意
  • EtherCAT通信とROS2標準通信を連携し、大量データをスピーディに送受信
  • ROS2上の汎用アプリケーションを活用
  • 画像処理技術にも対応
  • |SP-Automation 概略図

    |ROS2

    SP-AutomationはROS2を活用します。

    1.ROS2とは

    ROSとは「Robot Oparation System」の略で、ロボット開発の為のオープンソースのソフトウェアプラットフォームの事です。
    ROS2は従来のROSの問題点を解決するべく2014年に開発が開始され、2017年に正式リリースされたバージョンアップ版となります。

    ロボット開発や技術者育成の主要な障壁は、関節値が羅列された文字だらけの操作画面で、ロボットの動作を想像しなければならない難しさにありました。
    しかし、オープンプラットフォームであるROS2を活用すれば、直感的で豊富なツールを無料で利用する事ができ、自社では開発が難しい様な機能も補えるため、現在利用が急速に伸びています。
    ROS2はロボット開発の難易度を下げ、技術者リソースの創出を果たすためのキーとなります。

    2.増大するAI技術の活用ニーズに対応

    高度な自動処理のためにAIの活用ニーズは確実に増えていますが、その実現には高度な技術力と時間が要求されてきました。
    ROS2アプリケーションを活用すれば、モーションプランニング、逆動作、視覚化、衝突チェック、制御を自動演算し、ディープラーニングの仕組みの構築を容易にすることでAI活用のハードルを大幅に下げます。
    特にPlay MakerとMove Itという標準アプリケーションは直感的操作と3Dグラフィックを提供している為、タッチパネル上の容易な操作を可能にし、高度な知識や経験を要さずともAIの構築を可能にします。

    |EatherCAT

    SP-Automationでは独自開発した制御コントローラにより、EtherCAT通信管理用のAPIとIPコアが、ROS2標準通信プロトコルであるDDS 通信の管理を行い、ROS2⇔EtherCAT用のAPIを介して大量のデータを迅速に送受信することが可能です。
    従来のフィールドネットワークでは、コントローラに専用の通信チップを増設することが必要でしたが、このコントローラ基板があれば、既存のEthernetの資産を転用でき、特別なハードウェアの増設なしに制御コンピュータとして活用が可能です。

    |画像処理技術

    SP-Automationでは、CMOSイメージセンサからの画像データを取込み画像処理をおこなうアプリケーション等も活用する事で、ピック・アンド・プレース等のロボットシステムのティーチングプログラム構築を容易に行えます。

    |各種コントローラ基板

    1.メインコントローラ制御基板(商品名:UZ100)

    UZ100は、ROS2, EtherCAT,画像処理を制御する為の多くのインターフェイスを備えた制御基板です。

    基板サイズメインIC
    250 × 200 mmAMD Xilinx
    Ultrascale + MPSoC

    2.DCサーボモータドライバ基板(商品名:Kyros)

    SP-Automationでは、DCサーボモータ制御に最適なドライバ基板 Kyrosシリーズを展開しています。



    SP-Automationを使えば、一定程度の知識やノウハウだけで
    ロボット開発を容易に行うことができます。
    もう卓越した技術者を血眼になって確保する必要はありません。

    TOP