Logistics

少子高齢化を背景とする人手不足は今後も続き、新型コロナウイルス禍で人海戦術に頼った物流はさらに難しくなりました。配送の小口化・多頻度化やインターネット通販の拡大などにより物流センターの処理件数は増加し、製造業でも工場内物流のさらなる自動化が求められています。Kobotは物流業界向けにロボットによるピッキング・ソリューションを提供し、これらの世界の急速な変化への対応を支援します。

TOP